<< ピット下に水ガラス注入 | main | 週末のG7は協調策打ち出される 1/2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
週末のG7は協調策打ち出される 2/2
一方で、英国はG7を前に、緊縮財政計画を堅持する方針を表明している。このような状況下で、アジア諸国は、西側諸国の過剰債務問題や成長鈍化に懸念を募らせている。日銀の白川方明総裁は7日、欧州債務危機が銀行セクターの不安定化を招けば、世界経済が脅威にさらされるとして、欧州債務問題がG7の主要議題になるとの見方を示した。この他、G7では先進国の景気減速局面で中国など新興国が補完する「成長の循環」が必要と指摘する可能性がある。具体的には、大規模な経常黒字国に対し、内需拡大と自国通貨の上昇容認を求める公算が大きい。またスイス中銀がスイスフランの対ユーロ相場に上限目標を設定したことを受け、通貨問題も議題に上るとみられている。最終コミュニケは発表されない見通しだが、終了に当たり記者会見が行われる予定。3セッションのうち初回の協議では、金融規制改革が議題となっている。ここでは欧州銀行システムの健全性などについても話し合われる。世界経済に関する協議では、米国の格下げや7月に合意した欧州救済基金の機能拡充策などを含む、最近の動向について議論される。世界的なマクロ経済協調策について話し合われる可能性もある。
いつからトイレトレーニング
人工妊娠中絶
一人暮らしの初期費用
大人のニキビ 治し方
ETCマイレージサービスのポイント

カテゴリ:報道カテゴリD | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 14:04 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hodoblogmart.jugem.jp/trackback/31
トラックバック